世の中のニーズに合った薬剤師になるために

お知らせ

研修認定薬剤師のIDカード(カードホルダー無)の申し込みを受付けます。
2018/01/17

29年度行事前期日程を追加しました(宮城・群馬)>>>
平成29年度研修会・講演会日程一覧(日付順)ページ

2018/01/17

今年度スクーリング日程を更新しました(平成29年度)>>>スクーリング日程一覧ページ

2017/12/21

認定薬剤師研修制度の質問コーナーを更新しました>>>認定薬剤師研修制度の質問コーナー

2017/11/29

会長挨拶を更新しました>>> 会長挨拶ページ

2017/07/19

各都道府県女性薬剤師会一覧を更新しました>>>各都道府県女性薬剤師会一覧ページ

2017/06/09

日本女性薬剤師会の活動ビジョンと事業・実績を掲載しました>>>日本女性薬剤師会の目的・活動等

2017/05/24

過去のテキスト販売を更新しました>>>過去のテキスト販売

2017/05/08

各都道府県女性薬剤師会一覧と日本女性薬剤師会の組織を更新しました>>>
各都道府県女性薬剤師会一覧ページ日本女性薬剤師会の目的・活動等

2017/04/25

女薬新聞ページ最新号追加しました>>>女薬新聞ページ

2017/04/04

「平成28年度自己研修単位取得について」を公開しました(平成29年度)>>>通信教育講座ページ

2017/02/09

次年度薬剤師継続学習通信教育講座の情報を公開しました(平成29年度)>>>通信教育講座ページ

薬剤師継続学習通信教育講座(旧診療ガイドライン・薬剤コース)


日本女性薬剤師会は、薬剤師認定制度認証機構により認定薬剤師研修機関(CPC認証プロバイダー:G16)として認定されました。男女問わず薬剤師としての自己研鑚への支援として、最新の専門的な情報をわかりやすく解説し、科学的な考え方を学ぶことができる薬剤師継続学習通信教育講座を開講します。

受講生の皆さんへ

2018/1/20 更新>>>

第8回テキスト(加齢に伴う身体の変化(2)/低栄養とフレイル・サルコペニア)は1月31日発送予定です。

解答書の締め切りは平成30年3月10日です。

今月の薬用花

サフラン(蕃紅花)

シャクヤク

アヤメ科 栽培 製薬原料 民間薬

 

南ヨーロッパ原産。明治後期~昭和初期県内各地で栽培された。
その残存が野生化して一部に見られる。また、クロッカスの名で観賞用に家庭で栽培される。

はオランダ語Saffraanの音訳。

特徴 多年草。葉は根生・線状形・葉先尖・葉長30~45㎝

薬用 柱頭を使用。秋に採取。柱頭は鎮静、鎮痛、通経に1日0.3-0.5gを熱湯に注いて服用する。食品、化粧品の着色に用いる。成分は配糖体クロシン、サフラナール、α、β、γ-カロチンなど。婦人薬、滋養強壮薬に配合。

余話 古代エジプトの歴史を記したパピルスにサフランの薬用効果が紹介されている。

【注意】通経作用があるので妊婦には用いてはならない。

(出典:佐賀の薬草)

 

PR

JOT(社)日本臓器移植ネットワーク

薬物乱用防止「ダメ。ゼッタイ。」公益法人麻薬・覚せい剤乱用防止センター

ページのTOP